早漏治療とはどんな状態?どれくらいの人が悩んでいるの?

貴方のパートナーは早漏ではありませんか。
早漏でなければ貴方は恵まれています。
そんな貴方のセックスライフは充実しているのでしょう。
さて、早漏は非常に大きい問題であり慎重で指摘しにくい問題でもあります。
ですからパートナーに直接言うことは難しいことです。
しかしカップル間の愛を冷めさせてしまう可能性があります。
では、諦めるしかないのでしょうか。いいえそれは違います。
早漏治療をすれば、貴方のパートナーの早漏が治る可能性があります。
セックスライフを充実したものにしてみましょう。早漏は治療することが可能なのですから。

なぜ早漏になってしまうのか

早漏にはいくつかの原因があります。
心因性のものは交感神経が活発に働くことによって起こります。
トラウマの例は難しいので例え話ですが、もし何度も早く射精してしまったらパートナーを満足させられなかった焦りや不安や無力感を感じてしまうというものです。
さらに人間関係や仕事のトラブルなども原因の一つです。
過敏性によるものは男性の生殖器やその周りの皮膚が刺激に敏感になっているため、すぐに反応してしまうことによって起こってしまいます。
その特徴から、性欲が盛んな十代から二十代の男性に多いとされています。
衰弱性のものは歳を重ねることによって、男性ホルモンの量が減少してしまい、コントロールする筋肉が弱ってしまうことによって起こり、さらに射精の勢いもなくなってしまいます。
また、神経の病気に罹患することで早漏になることもありますが、病気が原因となることは非常に稀なことですので、心配することはないでしょう。
多様な要因がありますが特に、心因性による早漏が多いようです。
ストレス社会に生きる私たちにとって早漏になることは、身近な問題になりつつあるのかもしれません。
余計に早漏治療のためにクリニックに行くことの重要性を際立たせています。

早漏治療の種類と選び方

先に述べた通り、早漏にはいくつかの原因があります。
早漏治療法は、自分がどの原因による早漏なのかを理解することから始まります。
そして、自分に合った治療を行っているクリニックを探していきます。
心因性の早漏治療では、ストレスやトラウマをなくすことがあげられます。
バイアグラなどの勃起不全治療薬をつかってみるという手もあります。
とにかく、リラックスしてセックスに臨むことが重要です。
それに加えて、世界初の早漏治療薬であるプリリジーをつかうこともできます。
過敏性の早漏治療では、射精を我慢することや、コンドームを被せて刺激を軽減させるというものがあります。
射精したくなったら刺激を与えることを止めて、落ち着いたらまた刺激を与えるということを繰り返しやります。
そうすることによって、だんだん刺激に強くなっていきます。
衰弱性の早漏治療は、生殖器をコントロールする筋肉をきたえることが治療になります。
やり方はクリニックに行って教えてもらってください。
クリニックは一つだけを選ぶのではなく、早漏治療をしても効果が見られない場合はほかのクリニックに行ってみることも大切です

いわゆるセカンドオピニオンというものです。

早漏治療の意義とはなにか

実は早漏は男性だけでなく、女性にとっても大きな問題です。
なぜかというと、最初に述べたとおり早漏だとセックスライフが退屈なものになってしまうからです。
実際に早漏であったために、男性と別れてしまう女性もいます。

パートナーだけ逝って自分はまだ逝けていなくて、不満を感じることもよくあります。
早漏治療は男性の為だけでなく、女性の為にすることでもあるということです。
加えて、お互いのセックスライフの向上の為にするものです。
セックスによってストレスが軽減するということも言われています。
早漏治療は、精神面の健康を支えるものであるセックスをより良いものにするという面もあります。
セックスライフが向上していけば、自分に自信が持てるようになって、クリニックに通う頻度が減る可能性があります。

早漏治療をずっと続けるのもお金がかかる
ことなので難しいことですがセックスライフのために、そして大切なパートナーのために勇気をだして早漏治療に臨んでみましょう。
クリニックでは丁寧なカウンセリングがありますので、自尊心が傷つくということはありませんので安心してください。 早漏治療をする目的をきちんと理解することが早漏治療の第一歩です。

まとめ

このように早漏治療には多くの種類があり、多くの意義があることが分かりました。
医師によるカウンセリングがしっかりしたクリニックを選び、自分に合った治療法を選択することが、早期に治療を終わらせるために必要なことだといえます。
セックスライフを充実させることがパートナーと自分のためになるので、早漏だと気づいたら早めに受診が大切なです。 もし一人では不安だというなら、パートナーと一緒に受診することもできます。
パートナーも他人事ではないので、きっと一緒にクリニックに行ってくれると思います。
どうぞよりよいセックスライフをお送りください。